この手だれの手?(完全版) 第39回 ゲスト 木村一基王位(2)

駒doc.2019秋号「この手だれの手?」で誌面の都合上カットした部分を加えた(完全版)のインタビューをご紹介いたします。

全5回中の第2回です。ぜひお読みください!

 

 第39回ゲスト 木村一基王位 

 

PROFILE

1973年6月23日生まれ。千葉県四街道市出身。(故)佐瀬勇次名誉九段門下。
1985年6級で奨励会入会、1997年4月四段。2017年6月26日九段。第60期王位。順位戦A級・竜王戦1組在籍、タイトル戦登場回数7回、タイトル獲得1期。棋戦優勝2回、将棋大賞受賞4回。
千駄ヶ谷の受け師という愛称で親しまれる居飛車党。将棋での活躍もさることながら、わかりやすく面白い解説にもファンが多い。

 

インタビュー(2)

 

●一門についてお聞かせください。佐瀬先生は早くに亡くなられましたが、どういう方だったのでしょうか。
私が高校生の時に亡くなったんです。普及にとても熱心でしたね。

将棋まつりをやることだとか、指導に行くだとか、そういうことをよくやっていました。

 

●佐瀬先生のお弟子さんはかなり多いですね。
そうですね。一番上の兄弟子が米長先生(米長邦雄永世棋聖)で、息子みたいな年代だからずいぶん怒られたとか、鉄拳をくったみたいな話を書かれたりしてますけど、私に関して言えばそんなに叱られたという記憶はないですね。

随分可愛がられた方だと思います。実際怖いとは思いませんでしたしね。

 

● 木村先生が最後のお弟子さんです。
結果的にはそうですね。他にも弟子はいたんですけど、やめることになりました。

沼先生(沼春雄七段)が、佐瀬先生の亡くなった後に弟子に引き取ってくれて。沼先生のもとに何年くらいいましたかね……5年はいたと思いますけど。その中で7人くらい奨励会員がいたんですけど、その内プロになったのは丸山(丸山忠久九段)・中座(中座真七段)・木村の順だったと思います。

 

●沼先生は木村先生の九段昇段祝賀会でもスピーチをされていました。
亡くなった佐瀬先生が米長先生のことでパーティーをやるのが大好きだったんです。

その記憶があるので、沼先生は私がああいう会を開くと、とても喜んでくださっていたのを覚えています。

 

●沼先生はどういう師匠でしょうか。
奨励会時代はずいぶん気にかけてくださって、成績を気にして例会の最終日に必ずいらっしゃるんですよ。

昇級戦線にいればいいんですけど、いないときも結構あって、例会が終わった後に食事会をするんですけど、暗い食事会でね。

だって成績良くないんだもの。

毎回のようにしてくれましたけど、ずいぶん勘定が高くついたんじゃないかな。

一回焼肉屋で二十何万かかったことがありました。

寿司屋でどんちゃん騒ぎをしたこともありましたし、そういう意味ではずいぶん散財させてしまいましたね。

でもよく気にかけてくれる良い先生でした。

 

●佐瀬先生は高校進学に反対されたそうですね。
反対しましたね。丸山さんが大学に行ったんですよ。

私は丸山さんより3学年下で、私が高校に行った時に彼が大学に行ったんです。それでずいぶんムッとしてましたね。

ただ、自分で決めていたのであまり聞くつもりはなかったです。休んでもクビにならないようにしようと思って、私立の学校に行きました。

 

●当時は義務教育が終わったら修行一本という考え方だったんでしょうか。
よそのことを知るよりもやることをやれという考え方でしたね。

 

●木村先生は大学にも進学されました。
大学生活を経験したくて進学しました。だけど良かったかどうかはね、わからないです。

もう決めたことだから後悔しないようにと思って、全然後悔もしてないですけど、将棋にプラスになったかどうかと言うとわからないですね。

どうしても将棋から離れる時間が多くなって、他に楽しいことを覚えたりもしますし。

でも酒の飲み方は覚えましたよ。覚えたと言うか、知ったと言うか、自分の限界を知りました。

相当無茶なこともやったし人に迷惑もかけましたけど、そういう点では良かったですね。
ただ将棋の技術面で言うとやっぱり離れるので、プロを目指すならとっても難しい判断だと思います。

私はどっちでもいいかなと思うんですけど、自分でしっかり決めて欲しいなとは思います。

 

 

●木村先生のお弟子さんの高野智史四段も大学に進学されました。
彼は最初進学しない、興味ありませんって言ったのに中央大学の付属に進学したんですよ。

今もそうですけど、とても飲み込みの早いところがあって、そういう点では出来た弟子ですね。

あんまり彼を弟子に取って苦労したことはないです。

欲を言えばプロになったんだからもうちょっと勝たなきゃとは思いますけど、でもプロになってくれたからそれだけでも良かったです。

(※編集部注:高野智史四段は2019年の10月に開催された第50期新人王戦三番勝負にて増田康宏六段相手に2勝1敗で勝利し、新人王となりました)

 

●丸山先生、木村先生など佐瀬門下の先生方は対局中に佐瀬一門ポーズ(*4)をされる方が多いように思います。
米長先生がそうしてましたね。多分真似をしているんじゃなくて、姿勢を保つのに楽なんですよ。

ずっと座っているのがきつくて、30代前半くらいまでは一日ずっと正座してましたけど、今もう続かないもの。

だからどんどん姿勢が崩れていく中で、前かがみにならず維持するのに一番いいのはあれなんですよ。

あれが続けられればまだいいほうなんですけど、米長先生は姿勢が良かったですよね。

今は私もそうですけど姿勢はよくないかなって感じがします。でも体のものだから、難しいですね。

*4 正座した膝の上に閉じた扇子を立てて、その上に肘を置いて頬杖をつく仕草

 

●木村先生もお弟子さんの高野先生も、対局姿勢が綺麗な印象があります。
そうですか。私は途中で崩れるところはありますけどね。

高野は入門した時から正座を崩すことがなかったので、それなりに根性があると思います。

 

●奨励会に3名のお弟子さんがいらっしゃいますが、どんな指導をされていますか。
なるべく自宅で月に1回一対一で指す機会を作ろうとして、ずっとやっていたんですけど、今年に入ってから私が土日に用事が入るようになってしまって、毎月見られなくなってしまったんです。

そうしたら高野君が何も言わずに2人に稽古をつけるようになって、助かっています。

ただ、土日に空いた時があればそういう機会を作るようにはしています。
本当はすっと伸びて欲しいんですけど、伸びる時期には人それぞれ違いがあって、そういう点ではやきもきすると言うか、心配になると言った方が良いですかね。

辞めた人もいますので、そういうところはやっぱり気になります。

ただ、どうしても駄目だって時には辞めさせるのも師匠の務めかなとも思っていますので、こりゃあ駄目だと思った時には言うようにしていますよ。

あんまり楽な選択ではなくて、きつい選択なんですけど、そういうことは意識してやっています。

 

●お弟子さんへの接し方で気を付けていることは。
弟子を褒めたことは一度もないですね。

叱ったことはあるけど、優しい言葉をかけたことは一度もない。

それに耐えられないんだったら辞めてもらった方が良いと思ってやっていますから。

きついものだって前提で指導するようにしていますので、多分弟子にとってはかなりきついですよ。

でもプロになる・ならないは別として、この世界に入って良かったと思ってもらえるようにしたいですしね。

あんまり後悔はしてほしくないので、少なくとも厳しいことを言うということはずっとやっていきたいと思っています。

だから弟子に好かれるどうかなんてわからない。

とんでもないやつだったと思われるかもしれないです。

ただ子どもだから厳しさというのも考えなくちゃいけないところがありますね。

 

●これからもお弟子さんは取られますか?
どうでしょう、今のところは取るつもりではいますけど、いつまでもっていうわけでもないので。

人数もなかなか多くは取れませんのでね、今ぐらいがちょうどいいかなと思っています。

こっちもやるからには丁寧に接さなくちゃいけないところもあるので、そういうことができるうちは取りたいと思っていますが、難しいですね。先のことはわからないです。

 

●お弟子さんはドラの穴教室(*5)から取られていますね。
そうですね。でも違うところに行ってる人もいます。師匠がいないだとか、望む子はうちに入るようにしてますね。

もう師範やって15年になるんですけど、高野君がそこに一番最初に来た教室の子です。

*5 北浦和将棋サロンで週1回開催される有段者向けの教室 

kitaurawasyogisalon.jimdo.com/ドラの穴教室/

 

(2019年6月7日取材 文=沙耶 写真=直江雨続)

 

(その3に続きます)

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

株式会社ねこまど

株式会社ねこまど

03-6380-4798(平日10時〜18時)
アクセスはこちら

ねこまどshop

無題.jpg
将棋グッズ、好評販売中!!

categories

archives

recent comment

recent trackback

  • 明日9/23、駒doc.将棋フェスタin東京 開催!
    将棋

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM