この手だれの手?(完全版) 第39回 ゲスト 木村一基王位(3)

駒doc.2019秋号「この手だれの手?」で誌面の都合上カットした部分を加えた(完全版)のインタビューをご紹介いたします。

全5回中の第3回です。ぜひお読みください!

 

 第39回ゲスト 木村一基王位 

 

PROFILE

1973年6月23日生まれ。千葉県四街道市出身。(故)佐瀬勇次名誉九段門下。
1985年6級で奨励会入会、1997年4月四段。2017年6月26日九段。第60期王位。順位戦A級・竜王戦1組在籍、タイトル戦登場回数7回、タイトル獲得1期。棋戦優勝2回、将棋大賞受賞4回。
千駄ヶ谷の受け師という愛称で親しまれる居飛車党。将棋での活躍もさることながら、わかりやすく面白い解説にもファンが多い。

 

インタビュー(3)

 

●続いて普及活動やプライベートについて伺いたいのですが、木村先生はトーナメントプロとして活躍されながら、普及も熱心に行っていらっしゃいます。
自分から何か動いてやってるわけでもないし、もっとやっている人もいますからね。

あんまりそういう意識を持ってないですよ。平均的かなと思います。

 

●普及活動は指導対局や解説が多いですか?
指導対局は加瀬さんのところの教室(*6)を月1回やっていて、それはもうずっと続いてます。

解説はやっぱり多くはなりました。もうネタがなくてね、廃業かな。
解説は対局者に比べるとやっぱり飽きられるはずです。

どんな人でも話す文言には癖があるから、それは仕方のないことで、だから同じ解説ばかりでもきっと人は飽きるだろうと思うので。飽きられることがないようにしたいと思いますけど、当然限界があります。
いろんな人がいろんな面白いことを言ういい時代になったと思いますね。

結構聞いていて楽しく感じる後輩が多くなったような気がします。

*6 加瀬純一七段 将棋教室

https://kaseshogi.webnode.jp/

 

●木村先生の解説は大人気です。トークや解説で気を付けていることはありますか?
あんまり悪口に聞こえてしまうようなことは言わないようにしてます。

あと本当は技術的な話を減らしたいんですよね。

目標は技術的な解説と雑談とを五分五分ぐらいにしたいんですけど、どうしたって終盤は専門的な話になってしまうので、そこら辺が課題ですね。
将棋が強い人が初心者向けの解説を聞いても、知ってる話だったらあんまり悪くは捉えられないのかなっていう感触を私なりには持ってます。

難しい解説をずっとし続けてわかる話がひとつもなかったという方がきついと思いますので、易し目のことを言うとか何かこぼれ話をするとか、そっちの方を多くして、一つでもわかっていただける話があればいいかなと思うんですけどね。

そういう意味ではネタをどんどん作らなければいけない(笑)。

そうは言っても解説であって漫才じゃないんだから、その辺のバランスが難しいところですね。

 

●客席の様子も気にされますか。
客席の様子は見ます。やっぱり眠そうな人もいるから。

昼間の時間だとそういう人もいるでしょうからね、そういう人も笑わせられるようにしたいなと思いますね。

 

●将棋ファンと触れ合う機会も増えましたね。
私は人の顔を覚えるのが大変苦手で、会ったのが1回2回だとまず忘れてしまいます。

名刺をもらっても1年経ったらもう覚えてなかったりとか、結構失礼があったりすると思うんですが、こればかりはどうしようもなくて。

でもイベントなどで声をかけて頂くのはありがたいことで、楽しみでもあります。

前夜祭や就位式にお越しいただく方もいらっしゃるので、今まで通り遠慮せずに声をかけて欲しいなと思います。

 

●将棋ファンにも指す方、見る方色々いらっしゃいます。
どちらも歓迎というところでしょうか。

出来れば指すところまで行ってほしいですけど、人それぞれ楽しみ方があるし、負けるのが嫌だって人もいます。

欲を言えば指して欲しいですけど無理のないようにと思います。

 

 

●ファンからもらって嬉しいプレゼントは?
ネクタイです。酒は嬉しいんですけど、ちょっと今自宅に一升瓶10本分くらいの量がありまして。

順位戦でA級に上がってから来たもので、だから結構家では酔っ払ってるんですよ。

 

●毎日どのくらいお酒を飲まれますか?
四合瓶を空けないようにしています。2合ぐらいで酔っ払ってきてるんですけどね。3合飲むと翌日に残っちゃって、4合飲むと自己嫌悪に陥るんで四合瓶を一本空けないように飲んでます。

難敵は一升瓶で、一升瓶はね、わかんないの。

最初から2合とか分けておけばいいんですけど、お猪口で飲むからダメなんですよ。

気が付いたら(飲みすぎで)次の日は二日酔いになってるから、そこは考えないといけないなと思います。

 

●一番好きなお酒は?
日本酒が一番好きですけど、翌日に残りますからね。

気軽に飲むのはビールなんですけど、ビールを飲むと次に日本酒が飲みたくなるので。

最近は夕飯前に飲まないようにしてるんです。夕飯の時に飲んでると寝るまで飲んじゃうから、寝る前に飲むようにすると少し違うんですよ。

ところがそこからまた長くなっちゃって、そうするとまずいから本当に寝る直前に飲むようにしないといけない。

 

●日本酒は辛口派ですか?お好きな銘柄は?
辛口派です。今は何でも美味しくなりましたね。だから好みもあるけど、特に何も考えず飲んでます。

 

●最近のご活躍に、ご家族の反応や応援はありますか?
羽生さんの歴代最多勝利がかかった対局の時に、NHK に写ってたのはずいぶん衝撃を受けたみたいです。

職業は知ってますんで、普段は特に何も言わないです。

もう空気のようなものだから、かえって意識しないところがいいのかもしれないですけどね。

 

●千駄ヶ谷の受け師・おじおじ・将棋の強いおじさんなど、ご自身の異名や愛称についてはどう思われますか?
おじさんは自分で言っちゃいましたからね。おじおじはあんまり……ちょっとなという気もします。

まあ言われてしまったものは仕方ないですし、悪い意味でつけてるとも思えませんのでね。
注目されたりして愛称がついたりするのもいいですけど、あんまり笑われる存在になってもなというところもあるので、そこの線引きだけは難しいんですけどしとかないといけないなと思います。

笑わせるのと笑われるのはちょっと違うんで、難しいです。

 

●ジョギング以外の趣味はありますか?
趣味ないのよ。

本を読むのは好きですよ、たまに読んだりしてますけど、最近はもう移動の時に読むだけという感じになりました。

趣味は飲酒と言ったって、次の日は必ず飲みすぎで二日酔いだから命がけでしょう(笑)、だから楽しいかどうかはわからないです。

 

●移動の時は読書をすることが多いですか?
最近は作戦のことを考えてることが多いですよ。対局が終わったら本読んだりするんです。

だから意外と限られてるんですよね。寝ちゃう時もあるでしょう。飛行機でも寝ちゃうし、1時間以上あったら寝ちゃうかなって感じです。

 

●タイトル戦では有名な都市や温泉地など、色々な場所に行かれますね。
対局の後は疲れて観光出来ないんですよ。

前に札幌へ行った時にどっか行ってやろうと思ったけど出来なくて、「せめてラーメンを」と食べて帰りました。

札幌に行けばラーメンか寿司かとなりますけど、意外と食べられないですかね。

それから何年も経っていて、体力がついているわけないですから、節制を心がけようと思います。 
王位戦だと有馬温泉が必ずあるのでそこは楽しみですけど、温泉浸かりに行ってるわけじゃないんで、楽しめるかは勝ち負けにもよりますね。
 

(2019年6月7日取材 文=沙耶 写真=直江雨続)

 

(その4に続きます)

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

株式会社ねこまど

株式会社ねこまど

03-6380-4798(平日10時〜18時)
アクセスはこちら

ねこまどshop

無題.jpg
将棋グッズ、好評販売中!!

categories

archives

recent comment

recent trackback

  • 明日9/23、駒doc.将棋フェスタin東京 開催!
    将棋

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM