この手だれの手?(完全版) 第39回 ゲスト 木村一基王位(4)

駒doc.2019秋号「この手だれの手?」で誌面の都合上カットした部分を加えた(完全版)のインタビューをご紹介いたします。

全5回中の第4回です。ぜひお読みください!

 

 第39回ゲスト 木村一基王位 

 

PROFILE

1973年6月23日生まれ。千葉県四街道市出身。(故)佐瀬勇次名誉九段門下。
1985年6級で奨励会入会、1997年4月四段。2017年6月26日九段。第60期王位。順位戦A級・竜王戦1組在籍、タイトル戦登場回数7回、タイトル獲得1期。棋戦優勝2回、将棋大賞受賞4回。
千駄ヶ谷の受け師という愛称で親しまれる居飛車党。将棋での活躍もさることながら、わかりやすく面白い解説にもファンが多い。

 

インタビュー(4)

 

●対局についてお聞きします。王位戦挑戦者決定・順位戦A級復帰・竜王戦の本戦進出など好調の要因は?
あまりそういう自覚がなくて、負けてる時は全然ダメな対局もあるんですよ。

要は安定しないってことなんですよね。

若い頃に挑戦者になった時にはもうあらゆるもの勝っていて、少なくとも格が下だと思われるような人には負けていなかった。

そういう意味で安定度に欠けると感じています。

年齢によるものなのか集中力が途切れる時がどうしても出てきて、対局中はそんなつもりないんですけどね。

後から思い返してみると、そうなのかなと思わざるをえないところがあって、ちょっとそれは前とは違うと思います。

確かに結果を出しているという意味では調子がいいんですけど、何でこうなのかは分からない。実感が伴ってないんですよ。

今は良いんですけど、崩れるときは多分また手を付けられないくらい崩れていくんだなっていう怖さや不安要素の方があります。

ただソフト(コンピュータ将棋ソフト)を使うということが、若い人でなくてもプラスの部分があって、使い方次第では毒にも薬もなって、それがたまたま私にとっては薬になってる部分が出ているんじゃないかと思います。

それは逆もありますね、毒になるって部分が出ることもある。

だから本当に安定度には欠けるかな、たまたまうまくいってるんだなと言う風に思います。

 

●ソフトに関する講演(*7)では「ソフトの手を鵜呑みにしないで、自分で考えた上で答え合わせとして使う」、「ソフトに頼るのではなくて自分でそのソフトの考えが理解できるかを大事にしている」と仰っていました。
ソフトの手は正解に決まってるんでしょうけど、それでも疑ってかかるくらいのほうが多分いいのかなというか、少なくとも自身に合ったやり方かなという風には思います。

ただ、どうしても覚えることが多くて、正直きついなって思う時もあるんですよね。

だけど、まだわからなくてきついなっていうよりはマシかもしれないと思っています。どっちも楽ではないですけど。
ただ、ソフトが人を超えたという風に言われてから、意外と順応できているという気はします。

取り残されるんじゃないかと思ってましたけどね。そこまで行ってないなとは感じてます。

*7 2018年1月東洋大学にて開催された「情報、身体、ネットワーク―21世紀の情報理解に向けて―」第3回研究会内での講演(http://id.nii.ac.jp/1060/00009805/

 

●ソフトの使い方は?
ほとんど序盤です。終盤はね、やってもしょうがないんですよ。

だから結局ソフトを使っても記憶力が勝負になってくるので、歳を重ねるに従ってきつくはなってくるんでしょうけど、意外とカバーできてるかなっていう感じですね。

 

●今までで一番印象的な対局は? 以前は2002年の新人王戦の対鈴木大介(現九段)戦と答えていらっしゃいました。
どうですかね、最近意識するとしたら、負けた時の事の方を思いだしますね。

3連勝4連敗食った時の最後の局(第50期王位戦)だとかを思い出しますね。あとは羽生さん(羽生善治九段)との王位戦(第57期王位戦)で大ポカした3年前のことだとか、そういうことを思い出します。

勝った時のことをあんまり考えないですかね。少し取り組み方ってわけじゃないけど意識の仕方が変わったかもしれないです。

勝ったことを忘れているくらいだからどうなっちゃってるのかな……年を取って変わったってことでしょう。

 

●忘れることが大事だと羽生先生が仰っていました。
そう、都合の悪いことはね。だけど忘れられないでしょう、人は。

だけど上手く切り替えるってことは確かに大事で、羽生さんを見ててさすがだなと思うことは多々ありますよ。

忘れてるわけないんだけど、どうプラスに切り替えるかっていう、わかっていてもしにくいことをやってますから。

それで結果を出してきた人だから、すごいなって思いますね。

 

●先生はインタビューで「一勝一勝」「一局一局」という言葉をよく使われます。
あまりでかいことを言うという習慣がないです。それが信じられないのよ。

力もないのに口だけ言ってもしょうがないから、「まず一勝」ぐらいだったら言ってもいいでしょ?1回勝てば全然変わってくるんですよ。

見えてくるものもあるので、とりあえずそういうことを念頭においています。やる気がないわけじゃないんですけどね(笑)。

 

 

●お好きな対局の持ち時間は?
やっぱり長い方が余裕を持って、ゆっくり考えることができますね。

3時間ぐらいだとちょっと足らないなって感じがします。

でも6時間だとちょっと考えててきついなあと思うこともあります。

2日制とか優雅に考えられるし、結構楽しいですよ。
羽生さんとかは相手に合わせると言うか、こっちが3分考えたら3分考えるようなところがありますけど、今豊島さん(豊島将之名人)とか違うでしょ。

だからどうなるのか、ちょっとわかんないですけどね。

1日制で終わっちゃうかもしれない、封じ手投了で。

 

●最近では序盤を飛ばして中終盤に時間を使う早指しの方が多いですか。
そうですね、そこまで完璧にやっているのか適当にやっているのか、それは分かりませんけど、目立ちますね。

ただ長く考えてゆっくり指す人がまた否定されているわけでもないような気もするので、あんまりそれで自分のペースを変えようとまでは思いませんね。

私はそそっかしいところもあって、同じペースでやるとミスも多くなりますので、今まで通りやるかなって感じです。
 
●朝日杯の優勝やAbemaTVトーナメントでも本戦進出など持ち時間短いものでも結果を残されています。
思い切りよく指すことが良い結果につながるってことはあるんですね。

だから課題としては3、4時間のところでミスが出やすいんでしょう。

迷わないから良いっていうのはありますよね。それもたまたまなもので、NHK杯とか銀河戦はずいぶん成績悪いですもん。

だから早指しが向いてるかって言うと、ちょっと違うような気もします。

 

●対局前の過ごし方は?
前の日は研究会(*8)の予定とか入れていればやりますけど、なるべく休んでようかと思ってます。のんびりしてるんですよ。

まず指圧を受けに接骨院に行って、腰を揉んでもらって。午後ぐらいになってから作戦を考えて、それが夜7時ぐらいに終わります。作戦が決まって、あとは酒飲んで寝るという感じです。

*8 研究会:4人以上の偶数人数で集まり、練習対局を行う会

 

●健康管理には気をつけていますか?
走るようにはしてますけど、そんなに健康とは言えませんね。

ただ対局の前日に走ると寝れないんですよ。対局が多いと走るのを控えたりするんで、最近は減りましたね。でもやらないと太るし。

 

●対局前日のお酒の量は控えめですか?
いや、普通に飲んでます。ビールじゃなくなって日本酒の方になっちゃって、血圧も高めだし、そろそろまずいんじゃないですかね(笑)。

 

●対局の合間に席を外してストレッチや運動をすることはありますか?
最近は減りました。しないわけじゃないですけど、そんな余裕なくなってきちゃって、ずっと考えてることが多くなりました。

だから多分顔も真っ赤なんじゃないかなって気がします。

 

●先生は対局中の食事が少ない印象です。
前の日と当日の朝にしっかり食べてますので、少ない量でも大丈夫です。

最近は子供が中学校に行って弁当になったんです。それで自分もここ2年ばかりは妻の作った弁当を持たされるようになりました。

 

●おやつもあまり召し上がりませんか?
チョコレートを買って食べる時はあります。ただ、気休めですね。あってもなくてもいい感じ。

あとは梅のど飴とレモンの飴です。口が寂しくて、持ち時間が長い時だったら2本ぐらい食べちゃいます。

飴がないと水を飲んじゃうんですよ。あんまり水ばっかり飲むとトイレが近くなっちゃって終盤が大変だから、それを減らすという効果もあるんです。でも飴も気付いたら噛んでるんですよ。

 

●先生は奥歯を噛み締めるくせがあって、対局後は顎が痛くなると聞いたことがあります。
前ほどそんなことはないですけど、歯医者に行ったら「あなたは入れ歯作れないよ」って言われたことがあります。

下の歯がどう見ても力が加えられて異常だって、変形してるってことですよね、多分。

飴だって噛んじゃうんだから、癖ですよね。

ただ、それぐらい集中してるってことだから棋士としては悪いことではないんですよ。

 

●対局相手のおやつは気になりますか?
全然気になりません。唯一気にしたのは昔加藤先生(加藤一二三九段)がうな重を食べた時くらい。

だって対局中に対局相手の目の前で食べちゃうんだから。

私はどうしたら良いのか、って思いましたけど。
それをいろんな人に話したら、米長先生(米長邦雄永世棋聖)だけは「俺ならそこからカツ丼を頼んで、目の前で食べてやる」と言って、なるほど人と違う発想だなと思いましたね。

 

●対局時の持ち物は?
扇子、懐中時計、タオルハンカチ程度ですかね。

持たないようにしているのは手帳です。

対局の時は人と話をしないようにして、他の予定も考えないようにしています。それは去年ぐらいからそうするようになりました。
懐中時計は弦巻さん(カメラマンの弦巻勝氏)が贈ってくれたんですよ。

竜王挑戦した直後ぐらいの頃に、和服を着る時に腕時計は合わないんだって言われたんですよ。分かりましたって言ったらすぐ贈ってくれました。

重宝して、和服じゃない時も10年以上使ってます。

扇子にはこだわりはないですけど、最近は自分の「孜々不倦」(*9)を使うようにしてます。

タオルハンカチの柄もあまり気にしないですね。選ぶ時も一番上に置いてある物にします。

ネクタイは、最近は昇級してからファンの方にいただいたものを交互に使ったりしていました。

順位戦の時に使うネクタイは娘に選ばせました。

*9 途中でやめることなく、ずっと努力し続けること。
 

(2019年6月7日取材 文=沙耶 写真=直江雨続)

 

(その5に続きます)

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

株式会社ねこまど

株式会社ねこまど

03-6380-4798(平日10時〜18時)
アクセスはこちら

ねこまどshop

無題.jpg
将棋グッズ、好評販売中!!

categories

archives

recent comment

recent trackback

  • 明日9/23、駒doc.将棋フェスタin東京 開催!
    将棋

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM