この手だれの手?(完全版) 第39回 ゲスト 木村一基王位(5)

駒doc.2019秋号「この手だれの手?」で誌面の都合上カットした部分を加えた(完全版)のインタビューをご紹介いたします。

今回が最終回です。ぜひお読みください!

 

 第39回ゲスト 木村一基王位 

 

PROFILE

1973年6月23日生まれ。千葉県四街道市出身。(故)佐瀬勇次名誉九段門下。
1985年6級で奨励会入会、1997年4月四段。2017年6月26日九段。第60期王位。順位戦A級・竜王戦1組在籍、タイトル戦登場回数7回、タイトル獲得1期。棋戦優勝2回、将棋大賞受賞4回。
千駄ヶ谷の受け師という愛称で親しまれる居飛車党。将棋での活躍もさることながら、わかりやすく面白い解説にもファンが多い。

 

インタビュー(5)

 

●千駄ヶ谷の受け師、相手の攻めを呼び込む将棋、相手の攻め駒を責めるといった表現をよく目にしますが、ご自身の棋風について教えてください。
棋風は基本的には攻めですよね。

「攻め駒を責める」については、それなりの目的を持った手じゃないと、ただの緩手(*10)になりやすくて、そこはただ自陣に手を入れてるだけではだめなので。

最近は特にそういう緩手を咎められるきつさが顕著になってきた気もするので、受けをあまり意識しすぎるとかえってよくないことが多くなったような気がしますね。
受けていても、自分の手番が回ってきたら必ず攻めるということを考えて、あくまで攻める準備だという風に捉えておかないと、受けっぱなしになってしまって勝つための妨げになる恐れもありますからね。

私自身には受け潰してやるという認識はあまりなくて、ここはこうやるもんだって感覚のものですよね。

だからその感覚が異常だと言われたって困るんです。

*10 狙いが中途半端で相手が対応する必要性が低い手。甘い手。

 

●玉捌きという単語をあまり他の先生の対局では聞かないように思います。
玉は一番強い駒で、そういう点では使いやすいと思うんですけど。

ただ確かに最近は攻めの技術が発達してきたので、流れ弾にあたりやすくて危険だなと感じることが多くなったような気がしますね。

だから前ほど入玉することは少なくなってはいるんです。

攻める人が多くなったので、尚更目立つような感じになった気がしますね。

あんまり今は棋風にこだわる余裕がないです。


●普段の研究は、お一人でされたり研究会やVS(*11)をされたりするのでしょうか。
思い付いたことを試すとか、試したら向こうもなるほどってことを持ってきたりすることもあるから、そういうことでいろいろ考えますね。

それが2年ぐらい経ってから実戦で出てくることってあるんですよ。だから無駄にならないんです。

忘れちゃうこともあるので、記憶が勝負だとか、飲みすぎちゃいけないとか、そういうことにつながるわけですね。

やっぱり負けが込んでる時に「この時これ考えたのに何で思い出さなかったのか」とか考えますもん。

なので、研究会や下準備はやっぱり重要ですね。

*11 VS:1対1で行う練習将棋のこと

 

●1日の勉強時間は決まっていますか?
やる気がある時とない時がありますんでね、私はムラがありますよ。全然やらない時もある。

それでも0ってことはないようにしないと結構忘れちゃうんで、ちょこっとはやりますね。1時間でも30分でもやれる時は考えるようにしています。

 

●研究会やVSの頻度はどのくらいでしょうか。
月7、8〜10回といったところでしょうか。ただ最近は結構バタバタしていて、全部延期してもらったりして減りました。

そういうツケが2、3か月後に来る可能性もあるので気をつけないといけませんね。

ただ、ソフトの時代の良さというのはあって、自分で意識して時間さえ持っていればカバーできるようになったので、なんとかそれでやっていければいいなとは思います。

 

●VSは佐藤天彦九段と長年行っていらっしゃるそうですね。
もう15年ぐらいになります。彼が福岡から上京してきた時から始まっていますからね。

有難いことで、名人を取った後も来てくれました。見捨てられるまでは続けようかと思いますよ。

 

●研究会やVSで試したことは、対局ではお互い避けるのでしょうか。それとも更に練ってぶつけるのでしょうか。
出さないことが多いんじゃないですかね。全然違うことやる。ただ違う人と対局した時に生きるかという感じでしょうか。

 

●研究会では羽生研(*12)が有名ですね。
刺激になって、とても自分にとっては大事な機会です。

きつい研究会で……じゃあ他は甘いのかって言われちゃったら、それも何か言いにくいところがあるんですけど。

序盤知識が豊富な人ばかりで、ついていくのがやっとです。

みんなが序盤はこうだって意見言ってるのに付いていけないですもん。

そうなんですかってさもわかったふりをして頷いて、心の中ではもう勘弁してくれよって思ってます(笑)。

研究会の時間は10時〜17、18時ってところですかね。

羽生さんは技術面に関してピリッとしているところがあるんで、接してても良い意味で緊張感があるし、そういうのは棋士にとってとても貴重なものかなと思います。

*12 羽生善治九段、木村一基王位、松尾歩八段青嶋未来五段による研究会。

 

●研究会をされたり、時に対局をされたり、プライベートでのお付き合いもあるかと思いますが、棋士同士での付き合い方についてはいかがでしょうか。
でもそんなにないですけどね。まっつぁん(松尾八段)とたまに飲みに行く程度ぐらいかなあ。あとは飯島君(飯島栄治七段)とか。

研究会が終わった後も、最近帰るようになりました。前はよく飲んだりしてましたけど、その点では健全になりましたかね。

 

●対局終わった後の切り替えはお互いすぐできるものでしょうか。
しないとね。対局終わってギラギラしてないでしょう。あんまり考えたことはないですね。

対局前はピリピリしてますけど、必要な事があれば話しますし。

あまり意識したことがないんで気にしてないってことですね、きっと。

 

 

●羽生世代(*13)についてどう思われますか。
私はそれに当てはまってない世代なんですよね。

羽生世代って郷田さん(郷田真隆九段)、佐藤康さん(佐藤康光九段)、その世代ですよね。

そことはやっぱりはっきり分かれると思います。実績も全然違うし。

……どうなんでしょうかね、一つの壁でもあるんですけど、救いというか、そういったのでもあるんですよ。

そこの世代が頑張っていれば、こっちだって理論上落ちることがないので。
活躍してる人が多いですよね。羽生さんは別格としたって康光さんだってそうだし、郷田さんだってついこの間まではタイトル持ってたわけで。

そしたら歳は取ってるんだけど、あんまり自分もそればかりで弱いことは言っていられないなとは思います。
それも世代ではなくて、個々ですごいという感じを私は持っています。

だから羽生さんは羽生さんであり、郷田さんは郷田さんで、やっぱりそれぞれストイックにやってるとこがあるんでしょう。

同じぐらい続けられればと思いますね。

*13 羽生九段と年齢や奨励会入会時期の近い強豪棋士を指す。

 

●最近は若い世代の活躍も目立ちます。
そうですね、技術面でもトップの人に引けを取らないくらいの人が多くて、層が厚いような気がします。

ただ、全ての人がある一線を越えたか、タイトルに手が届くかと言ったらそれはやっぱり違って、そこで差というものがでてくると思うんですね。

常にふるいにかけられる世界なので、その世代の後輩は後輩で結構きついのだろうなとも思います。

まあこっちはいずれ踏んづけられる役割になりますけど、それが遠い先になることを願うばかりで(笑)、いつかはやられますからね。

 

●今期の目標・長期的な目標を教えてください。
今の地位を長く続けるということですね。

順位戦でA級に上がったのはやっぱり大きなことです。

そりゃ勢いよく名人挑戦だって言いたいけど、いつまでもそんなこと言ってられないから、とりあえず残留を目指してやりたいと思います。

ランクで言うとA級と竜王戦1組を維持できればなと思います。
王位戦についてはやれる限りはやりますけど、最近何やるにしても運命論者っぽくなってるんですよ。

もう一生懸命やってるから、結果はしょうがないと思うようにして。

ただ、そう思えるくらいの準備や勉強をやっているので、それを維持できるようにしたいなと思いますね。
勉強してて結構きついなと思ってもまだ結果が出てるから続けてられますけど、多分星が黒くなってきたらもうやってらんないなってなると思います。

逆境でもそれが長く続けられるようにしたいなと思いますね。

当面の目標もそうですね、きっといつか落ちていくんでしょう。だけど、なるべくしぶとくやっていきたいですかね。
酒もちょっと控えようかなと思ったりもしています。もう本当にタイトル挑戦は最後だろうなと思って、色々考えますね。

もちろん勝てばいいですけど、どうしたら後悔を一番せずに済むのかとかいうことを考え出したりしました。

インタビューで「タイトルホルダーは20代の人が多い中で」とか聞かれたり、3年前の王位戦挑戦のことを聞かれると、今回のタイトル挑戦についてはみんなもそう思ってるんだろうなということも感じますしね。

後悔だけはしないようにと思います。

 

(2019年6月7日取材 文=沙耶 写真=直江雨続)

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

株式会社ねこまど

株式会社ねこまど

03-6380-4798(平日10時〜18時)
アクセスはこちら

ねこまどshop

無題.jpg
将棋グッズ、好評販売中!!

categories

archives

recent comment

recent trackback

  • 明日9/23、駒doc.将棋フェスタin東京 開催!
    将棋

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM